2018年05月24日

Whois情報公開代行を知らなくての落とし穴

こんばんは

今日は驚きました、数日前にワードプレスを設定するのに安いドメインをお名前ドットコムで契約しましたが

いろいろ調べていくうちに、ドメインが必要なくなったので設定をせず、使わずに放置でまぁ一年間分の費用は払ったんだから、
と思い、一年後の契約更新をサイトから解除解約ですべてが終わったと思っていたら。。。

突然お名前ドットコムからのメールに驚きました。

Whois情報公開代行が設定されていないため、ドメイン管理団体
「ICANN(※1)」のポリシーに従い、Whois情報(※2)に

今現在、お名前・住所・電話番号等の個人情報が
インターネット上に公開されております。

げぇ〜〜(*´;ェ;`*) うぅ

お名前ドットコムでドメインを契約、その時、お安いので良いわと簡単に契約をしてしまった。

後で調べるとこの時に契約の時にWhois情報公開代行、も契約しておかなければいけなかったらしい。

世の中にはこのことを知らない人もたくさんいるのではと思いブログを書いています。

ドメイン契約の他に、このWhois情報公開代行も契約しなければいけない事を。

契約の時にチェックを入れないといけなかったらしい。

ドメイン料の他にこの代行サービスにも1058円払わないといけなかった。
しかし、このWhois情報公開代行って何って思って調べたら



ドメインをご登録いただくと、ICANN(※)のポリシーに従い、
お名前・住所・メールアドレス・電話番号等を、Whois情報として
世界に公開する義務が生じます。

義務が生じます。って。。。

Whois情報を非表示にすることはできないため、ご自身の情報を公開
を希望されないお客様を対象に、お名前.comでは「Whois情報公開代行」
サービスを提供いたしております。

えぇ〜〜って感じでした。

私ごときの個人情報、大したことはないと思いつつ悪用されたら怖いので。。。
あぁ。。。ドメインも使わず、この代行サービスにもお金を払うなんて
おバカな私でした。

ドメインを取得するときも、ドメイン?独自ドメイン?。

そんな状態だったので、ドメインをお名前.comでドメインを買ったときに、
Whois情報公開代行のチェックボックスにチェックをすることをせずに購入してしましったけど、
そんな項目があったのも気づかなかったような気がします。その時にチェックしていれば初回は無料だった事も知って
後の祭り状態。。
複数のドメインを契約されている方は、その数のWhois情報公開代行の契約料金もいるのですよね。

でも、Whois情報公開代行の契約をしておけば、ドメインを取得した会社の情報が掲載されるみたいです。

つまり、お名前.comでドメインを取得すれば、お名前.comの情報が掲載されるということです。
Whois情報公開代行を忘れるとどうなるのか?私のように

お名前.comに登録した個人情報がWhois情報として公開されてしまいます。

つまり、自分の名前、住所、電話番号、メールアドレスなどがウェブ上に公開されてしまうのです。
怖いですね。

「以下URLよりすぐに設定することが可能です。
ご希望のお客様は、お早めにお手続きをお済ませください。」
って書いていたら、

公開されている情報はお名前ドットコムで契約した時の全部の個人情報だから

最初は、何、詐欺、お名前ドットコムってちゃんとした会社でしょ、、、なんて思いましたが
私の無知で公開されている情報を何とかせねばと、そのURLをクリックして契約してきましたが

不安です。

また来年も契約してくださいとメールがくるかもです(*´;ェ;`*) うぅ
これも又更新を解約しないといけないかもしれないですね。
使っていないドメインが悔しいです。

おバカな私。
ドメインを購入される方、どうぞチェックをお忘れなく。












posted by チビmama at 20:37| 大阪 | Comment(0) | 日々の徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ご訪問いただきましてありがとうございました また遊びに来てくださいね♪ ランキングに参加しています。  ブログランキングならblogram にほんブログ村 主婦日記ブログへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  しゅみのきもの ちびままでした http://www010.upp.so-net.ne.jp/sayo50/